Acrion! 36

“Action!36”とは

会社が残業をさせるためには
36協定の締結」が不可欠です。
でも、そのことを知っている人は5割半ば。
また勤め先が「36協定を締結している」のは、
なんと4割半ばとの回答でした。
(連合2017年インターネット調査/有効回答数1000人)
この調査から、働く人たちがそもそも
36協定を知らないこと、
また36協定を結ばずに残業させている企業が
多いという実態が浮き彫りになりました。
長時間労働を是正して、すべての職場で
『より良い働き方』を実現していくためには、
まずは何はともあれ「36協定の適切な締結」が
絶対に必要です。
そんな思いを込めて“Action!36”を
スタートさせました。
労働組合のあるところもないところも含めて、
社会全体で大きなムーブメントを起こしていきます!

ロゴマークに込めた思いとは

親しみやすく、活発的なイメージカラーのオレンジと、
快活な印象となるよう円形にスポーティな
文字配置に仕上げました。
みなさんもぜひ愛着をもってください!

3月6日は「36(サブロク)の日」

Action!36のスタートにともない、
「36協定」を浸透させていくための試みとして、
3月6日を「36(サブロク)の日」としました。
より多くのみなさんが、「働き方」について、
しっかり考えるきっかけにしたい。
そんな願いをこめて「36(サブロク)の日」を
日本全国にひろめていきたいと思っています。

いろいろな団体と連携していきます

Action!36は使用者団体等と
労働組合の連合との連携で実現します。
確実で適正な36協定の締結には、
すべての職場における集団的労使関係を
構築することと労使協議が必須です。
長時間労働を是正するためには、
これまでのやり方・慣習を見直して、
取引の適正化を図ることも重要!
ですので、労働組合と行政、経済団体、
産業・労働関係事業団体、
職能団体、国際機関等が連携して、
「36(サブロク)の日」記念日への協賛や、
長時間労働の是正に向けた
共同宣言の締結などをめざします。